2009年07月23日

できたー

DSC01708.JPG
 刺しあがり〜。
 ちょっとお母さん風味な出来具合になった。
 布も切って、あとはミシンを・・・と思ってまた放置(笑)。
 これから大作用布に端ミシンをかけるけど、これも仕立ててしまおうか。
 でも早く新しいのを刺したいからきっと放置。
 
 新しいのはとうとう手をつけることにしたHAED。わーこわい。
 昨日、どこから刺し始めるかいろいろ考えて、右下から上に進むことに。
 というのも、私は右から左へ進むタイプの刺し方(上の糸が/になる)だから本来なら左下開始なのだが、EMSを刺してみて、全面刺しでブロックごとに進む場合には、一針目がまっさらな状態(何も刺していない布目)のほうが刺しやすいことが判明。EMSは真ん中から左へ進み、その後右へ行った。左に進むほうが格段に刺しやすかったのだ。数え間違いの危険もあるが、右下からスタートすることにした。
 昨夜はチャートのコピーだけでかなり頭を使って疲れ果ててしまった。間違えずに並べ替えできるだろうか。不安〜。
 しかも一枚目のほとんどは黒のベタ。
 あっというまに飽きちゃったりして。ははは。

 イギリスへの注文、火曜日に発注して土曜日に到着した。
 相変わらず早くて大満足♪
 

2009年07月17日

半分

DSC01692.JPG
 ここまでで半分。
 EMSの古いチャートは、色換えが多いわりにあまり効果が見えないものが多い。とくに赤の濃い部分はかなり似た色を使っているので、明るい昼間でも微妙。。。というか区別できない。。。2over2だったらもう少し見えるのかな。
 こういうチャートは続けるのにかなり気合がいる。
 パーキングのおかげで進みが速いので後半分がんばろう。
 
 そして今度こそ、巾着に仕立てよう。。。

2009年07月14日

早い

DSC01671.JPG
 なんちゃってパーキング、これはいい!
 なんというか、さくさく進む!
 こんなにすばらしい方法があったとは、目からウロコだった。糸始末の回数の少なさがいいし、一列ずつ刺すから間違いもない。すごく快適。
 今後はしばらく1over1の世界が続きそう♪

DSC01668.JPG
 目のそろいぐあいについては、やはり32ctは難しい。極端に細い織り糸の部分がくると、当然クロスの大きさも変わってしまい、刺していて気になる。微妙な色の違いも出にくいように思う。まあ、28ctだからといってそれが分かるかどうかは謎だけど。

 今日本当に久しぶりにイギリスに注文を入れた。全面刺し用の28ctのquaker cloth。これはリネン100%よりもやわらかく織り糸がきれいに揃っているので、1over1にはぴったりの布だと思っている。しかしこれだけではちょっと送料がもったいない気がしたので、日本では取り扱いの少ない糸10本と、32ctのlinenもクリック。チャートやらキットやら気になるものは山のようにあったが、目をつぶった。
 そして、日本のショップにも糸を注文。
 気分が盛り上がってきたぞ!
 

2009年07月11日

32ctか28ctか

DSC01655.jpg
 32ctの全面刺しを始める前に、試しステッチ。
 先日まで刺していたのは28ctだったのだが、やはり32ctはみっちり具合が違う。自分なりに解釈したなんちゃってパーキング法にも挑戦してみた。確かに裏でいちいち糸始末をしなくて良いのは楽!でもすごく厚ぼったくなるみたい。どうしよう。迷うなあ。
 刺しあがりに水を含ませて目をふんわりさせてみたが、やはり32ctではキツすぎるか・・・。目がなかなか揃わないのも、たぶん私にとっては布目に余裕が無さ過ぎるせいだと思う。
 やはり、DMC25番糸には28ctが限界、という結論に達した。

 これはEMSの小さなバラチャートの一部。ほんとは放置して大作の準備をしたいところ。でもせっかく手持ち糸で刺せるし、布も大きめに切ってしまったし、チマチマ刺すことに決めた。
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。